りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、翻訳家

ドリーム

今日は週に2回の旦那day!(少ねーよ)

 

コープデリのミールキットで作った夕飯食べながら(夏野菜カレー。めちゃくちゃうまい。オイシックスはいろいろ凝ったメニューだけど割高で、コープデリコスパよし🙆‍♀️どちらも好きなので併用している)←自分で一から作るという概念はない


『ドリーム』(原題: Hidden Figures) 

っていう初めてNASAで活躍した3人の黒人女性数学者の映画(実話)を観ました👀 

(最近映画と読書ブームきてる📚🎬)

 

f:id:rinakkuma417:20180816010915j:image

日本にいたら信じられないようなことだけど、
昔(1950-1960年ごろ)は働く場所・お店・トイレ・バスも黒人・ 白人用で分かれてたってのは有名な話だよね。


それでもNASAでは『トイレが人種別なんて間違ってる!!小便の色はみんな同じ色だ!!』と言ってトイレの看板をぶち壊してくれた上司がいたり、

(その時代は色濃く残っていた人種差別の風潮の中、周りも巻き込んで価値観を変えていくのはどんなに大変なことだろうと思う)

 

『誰でも学ぶ権利があるのに白人専用の学校なんておかしい!』と勇気を出して抗議し、黒人女性初のエンジニアになる権利を勝ち取る姿は本当にかっこいい!!!

 

日本に生まれ育った日本人にとっては、
人種差別はあまり縁がないことだけど、
在日やその他、外国人に向けた差別や偏見はいたるところに転がってる。

たぶん意識してないだけで、どこにでもあるし

自分もしてるかもしれない。

 

そして海外にいけば、 アジア人というだけでレストランでは後ろの方の席に案内されたり等、差別されたという話はよく耳にする(私はそこらへん鈍感だから気づかないのだが)


平和ボケした日本でも、人種差別に無関心すぎるのはよくない。
これからグローバルの時代🌎

海外から移住する人や観光客もどんどん増えていくだろう。

学校教育や親の教え、メディアのせいもあり、一度身についた偏見やイメージってなかなかなくならないけどもう大人だ。

ドリームの上司のように、周りや時代がなんと言おうと、自分で考え、自分が正しいと思うことをしたい。

 

とても良い映画でした🎞❤️