りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、翻訳家

スターウォーズが早く観たい件

 

やばい!ブログを1ヶ月以上更新してなかった。

リアルにすべて書いてるから書くことがない説。

 

旅行から帰って早1週間。

(旅行レポも書いてるけど進まず・・・

 

スターウォーズの公開日から早5日。

 

いつもなら気になる映画は(ネタバレが怖いから)公開直後に行く私たちだが、

物件探しなどでバタバタしていて行けず、、

 

スコットの誕生日(23日)に行くことになり

せっかくなら一番良い席で観ようじゃないか!とチケットの発売を今か今かと待っているところ。

 

映画のチケットって2日前からしか予約できないんだね。(TOHOの場合。他は知らん)

なんでだろ?ドタキャンする人がいるからとか??

 

 

そしてスターウォーズ

正直今までそこまで興味がありませんでした、、

 

スコットが好きだから直近の2作(エピソード7、ローグワン )は観てて、もちろん面白かったんだけど

その前のやつを観てなかったからストーリーは関係なく、その映画だけで楽しむ感じで。

 

スターウォーズでとくにすごいと思うのが、

いきなりエピソード5を観るとか、前後の話を知らずに観ても、普通に面白いんだよね。

 

1話完結じゃないのに、ちゃんと見所のシーンがあって、決着があって、感動があって。

 

でもそれだとしっかりとは理解はしていなくて、スコットとスターウォーズが語れない。

というわけで満を持してようやく

エピソード1→2→3→ローグワン→4→5→6→7と観ることにしたのだが・・・

 

 

なななんと、

単体で観るより100万倍くらい面白さが増したのだ!!!(当たり前だ)

 

ちゃんと話がわかる!

キャラクターが覚えられる!

 

何故こいつがこうなったとか、どうやって産まれてとか知れて、愛着が湧く!

そして歴史全体がわかるので物語の奥深さが増す!

 

なんで今まで興味がなかったのか、昔の自分を殴りたいくらいの発見。

 

 

で、この経験から思ったのだが、何事も食わず嫌いは良くないなと。

私、映画以外にもそういうことがよくある

ウォーキングデッドも『ゾンビもの興味ないわ~』と言って長い間拒否してたけど観たらハマって。

 

ただ面倒なだけなのを、理由つけて『興味ない』と片付けてただけだったんだなーと。

 

そういうのよくないなと思いました。

何事も、観たことも聴いたことも食べたことも行ったことも体験したこともないのに

否定するのは良くないね。

やってみて、嫌いだった、合わないならそれでいいし。

 

(というわけで今まで何故か毛嫌いしてたロードオブザリングも観るよ。こんなに人気なんだもん、面白くないわけがないからね…)

 

 

こうやって自分の知らなかったことを知れるから友達や好きな人って、いいよね。

 

私は映画と言ったらロマンスかラブコメしか観ないようなお花畑女子だったんだけど、

 

スコットのおかげでSFやアクションや、

それこそいろんなジャンルの映画や海外ドラマも観るようになって

興味や好きの幅がすごく広がった。

 

夫に限らず、私は大事な人からの影響をよく受けるタイプで

小さいときはとにかく兄が好きな音楽や本をそのまま好きになったし(ピロウズ江國香織さんも兄から)、

GO!GO!とかUVERworldとか東方神起とかもえりすの影響でハマったり(笑)

 

 

私にとって映画やドラマや音楽(その他なんでも)って人と共感して楽しむものなんだなぁ。

 

まあ、だからブログもやってるのかな。

私が楽しかった体験やいいと思ったものを誰かに知ってほしい、っていう気持ちで。

 

たった一人でコソコソ楽しむよりも、誰かに勧めてもらったり、勧めたりして、

一緒に分かち合って、たまには違う意見もあるけどそれも良くて、

そうやって、作品がもっと価値のあるものなっていくんだなあって。

 

スターウォーズ観てそんなことを思ったよ

(話なげーわ)