りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、翻訳家

【ご報告】婚約しました


やっと正式に発表できるようになりましたーーー*(^o^)/*

2016年6月16日、かねてからお付き合いをしていた(←芸能人風に)スコットと婚約致しました♪

実はGWに台湾へ行った時に
『結婚式いつする?』
と謎の質問系でプレ・プロポーズ(?)をされたことから、すべてが始まったのでした。

その時は、動揺しつつも『ん~来年くらい?』と冷静に返答したら
『僕もそれがいいと思う。そうしよう!』って。

え?(O_O)こんな簡単に結婚って決まっちゃうの。。

その後もちゃんとしたプロポーズ&指輪はもらってなかったので、友達や家族には来年結婚するよーとだけ伝える形で中途半端にしか報告できず。。



ちゃんとしたプロポーズの後に、
なんで台湾でしなかったの?と聞いたら
本当は佐渡でしようと思ってたとのこと。
去年、よりを戻した場所だから。

そう思っていたのに、
『テンションが上がりすぎて台湾で言ってしまった』と。

なんじゃそりゃ(°_°)

スコット的にはその後佐渡へ行って正式なプロポーズ…と考えてたそうだけど、私が周囲に報告し始めて(台湾の次の日には母に報告していた私)、
タイミングを失ってしまったらしい。


先走った私のせいやん!

そんなこともあり、結婚の約束はしたのにプロポーズはされてない微妙な期間が1ヶ月半あり、
なんなの?結婚する気あんの?(・ω・)と思ってた←少しは待て

マリッジブルー的なものにもなり(早い)、
『ほんとは結婚する気なんてないのね!!』(昼ドラ風に)と泣いて訴えたところ…

その二日後にプロポーズしてくれました*(^o^)/*
↑完全に脅迫


場所は普通に家だったけど、佐渡とか特別なところでしなくてもすごい良かった!!


まず、その日は朝10時から、1時間ごとにLINEに愛のメッセージ&昔の写真が送られてきて、
全く前ふりとは気づかず
どうした??今日って記念日だっけ?( ? _ ? )とか思ってた
↑プロポーズ催促してたくせにニブい奴


その日は会社の飲み会に行くかも、と言ってたけどたまたま中止になり(中止になって良かったーー!)、家でご飯を作っていたら、スコットが帰ってきて、いつものようにNetflix見ようかって映画見てた。しかもアニメ(笑)ムードゼロ。



映画終わり、トイレに立ったところ、
帰ってきたらリビングにキャンドルが!!

?(゚Д゚)←遅い

ベランダにエスコートされて、そこには…
キャンドル&シャンパン!


そこでプロポーズされました!
(ちゃんと外国風に膝を付いてWill you marry me?)


すでに台湾で結婚の心の準備はできていたので泣いたりはしませんでした!←泣けよ!


でも用意してくれたセリフとか演出がすごい嬉しかったし、
不器用なりに頑張ってくれたんだなーと感動!!
あ、婚約指輪も普段から付けられるような細くて小ぶりのやつっていう希望通りで大満足♪


結婚式は来年にする予定で、場所やら費用やらハネムーンやらいろいろ
これからゆっくりと決めていこうと思います!

今の段階では日本とカナダどっちもでやるつもり!
みんな招待するのできてね~~*(^o^)/*

いえーーい!

なんか自分の薬指に指輪があるのが、すごーい不思議な感じ。

婚約者がいる、結婚は決まっている、でもしばらく独身であることには変わりはない。
社会的な制裁や責任から猶予が与えられる、まさにアラサー女子モラトリアム期間!


長かったけどやっと辿りつけた。
だけどこれはゴールじゃない。
スタートだからね。

お互いにこの人でないとダメだ、と思う瞬間が一つずつ増えてって、大事に愛情を持って思いやり合えたらいいな。

婚約破棄されないように結婚式まで仲良くがんばるぞ~!!