りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、翻訳家

遠距離、そしてお引っ越し。

 
バタバタと、いろんなことが過ぎていきました!

まず4日。ヘンリックが帰国(:_;)

空港まで見送りに行きました。
空港では泣かないで笑ってバイバイしようと決めていたものの、やっぱり彼の涙を見てしまったら無理でした。

でも号泣はしなかったし、合格ってことで。
また一カ月後会えるしね!って。

それでもその晩は悲しかったかな。
悲しいというより、心の中が空洞って感じで、
バイトしながらも、帰ったらいつものようにアニメ観ながら待ってる彼がいるんじゃないかとか考えてしまったりね。

バイト後に駅まで迎えにきてくれたり、
デザートを用意してくれたり、そんなことがしょっちゅうだったから
バイトも苦にならなかったんだよね・・・

「寂しかったから、スウェーデン帰るのやめちゃった」って笑う彼の姿を期待して帰宅したけど、
もちろん彼の姿はなかったよ・・・


でも、1週間もしたら、彼の不在にも慣れました。
環境適応能力だけは長けてるんだなぁ~私。

その分、大学の友達と会ったり、
こうやってブログを書くとか自分の時間が作れるのはいいことだよね。

なにしろ、彼氏が近くにいると文字通り「それだけ」になっちゃう私だから、
たまには遠距離というのもいい経験なのかもしれません。

バイトも勉強も友達関係もおろそかになっちゃうからね。
それでいて、依存しすぎるからバランス崩しちゃったり。そんな彼女にはなりたくない!

今はちゃんと地に足をつけて生きたいって思う。
彼との未来はもちろん大事だけど、自分の未来とまず向き合わないと。



まぁ、もうすぐ彼が発って2週間ですが、まだ余裕とか言ってられるのは今のうちなんでしょうか。。^^。

なんせ、ほぼ毎日スカイプで1時間以上話してますからね。そりゃ寂しさもあんまり感じないか。
やっぱり、遠距離にしろ近距離にしろ恋愛では話す、語ることが一番大事なのであって、
直接触れられない分、言葉で愛を伝えあう必要がある。

その時間さえ取る努力をお互いがすれば、大丈夫なんだと思う、数年の遠距離はね。
いかに愛を伝えるかにおいては、どんな努力さえも惜しまない彼なので、
離れていても一緒にいるときと同じくらいの、むしろそれ以上の愛を感じさせてくれる。

ほんと、時代のハイテク化に感謝するばかり。スカイプ、そしてLINE。素晴らしいです。
私、そんなに強くないので、こういう支えがあってこそ成り立つ遠距離恋愛です。


そして・・・
引っ越しました(^-^)

大学1年の頃から(浪人も含めると結構長い)、ずっと三茶暮らしでした。
愛着もあったけど、学校に行くまでに乗り換えがあるのと田都市線が嫌いだったので
引っ越すことにしました(なんとワガママな・・・友達には2時間かけて通学してる子もいるのに)

いやーでも渋谷から4分の三茶は、「便利」に尽きる場所でした。

計3回、引っ越しをしたのですがどの場所でもスーパーは徒歩圏内、
おいしいレストランがいくらでもあり、ツタヤもあり、映画館もあり、夜景も見れる(キャロットタワー。最近初めて展望台行った)

誰に言っても「いいとこ住んでるね」と言われる三茶は、ほんと申し分のない場所でしたよ。

しかし、まぁ遠距離になったことだし、気分転換も必要かな。違う街でも暮らしてみたくなった。
次の場所がなんとまぁ三茶とはかけ離れた街、「蒲田」です。
引っ越すまで、どこにあるかすら知らなかった街です。^^;

選んだ理由は、学校から乗り換えなしで10分、それだけなのですが
三茶よりもごちゃごちゃしてないし、首都高や246のようなでかい道路もないので、
全体的に静か、空気もきれい、地元の人がずっと住んでる感じの街です。

住むところにとくにこだわりのない私はここがちょうどいいかな~と思います。
不便なのは、六本木(バイト先も)に行くときだけど・・・まぁそこくらいは妥協しないと><

三茶の居酒屋はいつか辞めるでしょう。近くでいいところ見つけたら・・・

個人的には、この家(シェアハウス)が、私が日本で住む最後の家だと思ってます。
住んでる人もほとんどが外国人(台湾人とインド人が80%)なのでちょっと外国気分も味わえるしね。
外国人と住むのはなんとなく気も遣わなくて済むので楽。

シェアハウスにした理由は、出たり入ったりが簡単だからってのもあります。
普通の賃貸のように、2年契約という縛りがないし、いつでも出たかったら出れる。
入るときも、敷金や礼金がない。

いつ海外に飛び立つかわからない私にとってそれはすごくいい条件です。
家賃はお母さんが払ってくれてるけど(申し訳ない・・・;_;)
なるべくなら安く済ませたいものです。

日本にいるのもあとどれくらいなんだろう。
わからない、私の人生どう転ぶか未知すぎる。
それが面白いんです。安定なんて、いらないよね!


というわけで、2晩にして15か所蚊に刺され(数えた)ムヒ臭いりなっくまでした~
レポートの続きやるぞ!!!(^O^)/