りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、初マタ🤰

そしてまた一人

たった10日だった同棲生活を終え、また新たな家へと引っ越ししました

これで引っ越し3回目wさすがにやりすぎだ。

今回は家賃と場所だけを重視して決めたので

不便なこともあるがしゃーない。この身のほどで贅沢は言えん

まず不便①は、ベッドが高いとこにあってハシゴを使って登らなくてはいけないのだが

そのハシゴに手すりが存在しない。←

上り下りに結構な体力と筋肉を要する

そして十分に注意しないと落ちる可能性もあるというアドベンチャー

不便その②、ネットの繋がり具合が壊滅的。

このサイトに繋げるだけで2分待った←リアル

しかしまぁいいこともある

ルームメイトたちがみんな社会人で働いてるため、帰りが遅い

だからリビングとかをほぼ自由に使える!

やっぱり大人数で暮らすより、一人って気楽←

あとテレビがないのもいい。テレビの音嫌いだから。

同棲をしてみてわかったことがたくさんあるよ

付き合うということと暮らすことの違い

お互い好きでうまくいってたカップルが

同棲したらうまくいかなくなるってのがよくわかる気がした

全然違うもんね。生活の一部に無理やり入ってくるんだもん

そして自分が極端に依存することもわかった。笑

もはや危険なレベル

彼氏が会社に行って帰ってくるまでずっと考えて帰りを待ってるなんてどう考えても病気

しまいには迎えにいっちゃう自分。

友達の飲み会にもついていっちゃう自分。どこでも一緒にいたい。

10日で良かったかも。

これ以上いたら頭おかしくなってた!!絶対。

でも寂しいよ~会いたいよ~また会えるんだけど。でも明後日かぁ。。

「もう一緒にいるのが普通になってたから、

君がいないなんて変な感じがする。

でもこれからこれを普通にしていかなきゃ」

って言われたとき

これは本当に離れるときの予行練習なのかも、って思ってしまった

言わなかったけど。

考えないようにしても好きになればなるだけ考えてしまう。

だって遅かれ早かれそれはくるのだから・・・

絶望的になっても仕方ないので、得意の妄想(イメトレ)で寝れない夜をやり過ごす

結婚式の場面を何度妄想しただろうか。

お父さんに紹介するときの彼の照れている顔まで妄想してしまう私はもうこの道のプロ

リアルに妄想すればするだけ、叶う気がする。

今までそれでうまくやってきたんだからきっと・・・