りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、初マタ🤰

役割のはなし

はいこんにちわ、元気ですかー

今日気付いたんですが、私は落ちるとこまで落ちてどん底の気分になると、

逆にどうでもよくなって前向きになる素晴らしい性質の持ち主だったようです。

先週、3カ月ぶりのクラブに行ったら楽しすぎてはっちゃけまくり、

酔いは完全に冷めていたはずなのに帰りのタクシーにて携帯をなくすという失態!

そして2回タクシー会社に行き、2回電話もしたがそんな努力も空しく携帯はどこか彼方へ。

それに加えてこっちでのストレスと言えば①雨②寒い③バスを待たされることなんだけど

4月と言えど毎日めちゃくちゃ寒くてそれにもイライラ、雪まで降る始末。

あ~もうどうなってるんだい、って思ってるところに授業もなかなかうまくいかないし

もう全て投げ出したい!F○○K!と広い青空の下、グレてみたけど

シアトルズベストでびっくりするほど甘いホワイトモカを飲んでいたら

そんな気分も落ち着き

まぁいいか!人生そんな悪くないな!と思えるようになりました。

この前向き思考はどこからくるのだろう。甘いモカかなぁ?

そんなわけで久しぶりの自分反抗期、約1時間で終了したのでした。

時間が経てばきっと全てうまくいくさ~という楽天家。←いつか痛い目を見そう

自暴自棄になっても何も生まれないし楽しいこと考えて前向きにやろー!

ついてない時期って、気付いたら過ぎ去ってるもんだよね!

おいしいものでも食べてればさ!

最近、また江國さんの本を読み返し、日本語の表現の豊かさに感動。

あとケツメイシとかゆずとかの歌詞に今更ながらぐっとくる、

なんて日本語って美しいんだと・・・

でも思ったことは日本語もともとの性質もあるけど

言葉自体より使う人がすごいんだろうな、と気付いた。まあ当たり前なんだけどさ

いい記事やいい歌詞を読んだときに思うことは、

日常会話で使われる日本語では感じることのない感動だから。

むしろ、日常会話なら英語のほうがなんとなくかっこよくスマートに聞こえる^^笑

日本語はどんどん乱れてきてるしmixiとかに溢れる言葉は全然胸に響かないよね

いい言葉だから、本や記事や歌になって残るんだろうなー

日本語を使えるだけじゃ意味がない、胸に響く日本語を使える人になりたいよ

どうやったらなれるかわかんないけど。

話は変わって、最近考えるのは自分の役割について。

自分の役割って、見られる人によって変わるよね

娘としての自分だったり、友達としての自分だったり、彼女としての自分

学生としての自分、社員やバイトとしての自分とか。

(いずれ妻としての自分、親としての自分という役割も増えるかもしれない)

それぞれの役割としてなりたい自分すべてが、本当になりたい自分だから

これを意識することが大事だって前読んだ本に書いてあった

それで考えてみた

友達としての自分は相手にもよるけど、

仲がよければいいほど、信用できる友達でいたいって思う。

親友とまではいかない人に対しては、

信用というより、いい影響を与えられる人でありたいと思う。

彼女としての自分は全然違って、いい影響与えたいとかあんまり思わなくて、

一緒にいて飽きない、いつでも魅力のある彼女でいたいって思う

楽しいことをするのが好きで、でも頭がいい人になりたい。

バイトは今してないから何とも言えないけど、働いてるときはいつも本気だった

自分の中で、飲食業と言えど接客があるものはすべてサービス業、

手ぎわの良さと笑顔がモットーだったからね。

せっかくきてくれたお客さんに嫌な思いさせたくないし・・・

けど残念ながら、アメリカの店員さんはそんな気持ちはないらしい。

笑顔でやった方が楽しいのにね~

そして、娘としての自分は、無事に就職してお金を返すこととかいろいろあるけど

最終的には幸せになることかな、って思ってる

それが親の一番の願いだと思うしね。まずはいい旦那探しだな←

まだ早いと思いつつ、日本に心が向かっている毎日。

寂しいような、楽しみのような・・・

みんなに会いたいなあ。海の向こうには会いたい友達がたくさんいるなあ・・