りなっくま日記

カナダ人のスコットと国際結婚、翻訳家

LAの旅

こっからはLAの旅について!!Yeah!!

前日は大雨だったくせに、帰る日になって快晴になるサンフランシスコ←

ちょっとなごり惜しみつつ空港へ!

スタバが飲みたかったのに、シアトルのようにどこでもスタバがあるわけではないことを実感。

シアトルに住んでからもうスタバがあるのが当たり前で

生活の一部になってるからなあ~(だから太ったのか)

搭乗手続きをする際にまさかのボディーチェックをされる人が…w

公衆の面前で黒人の女性に体の隅から隅まで触られてました…

ゆみしんあまりの羞恥プレイに赤面。それを見て爆笑!

LAはもちろん快晴!!!!!!!!めっちゃ綺麗な空、ヤシの木!!!

ここは南国なんだーーーーーーーーー!と思わせる最高のロケーションでした

早速レンタカーを3日間借りて、宿にGO!GO!

その宿は、1泊$17という安さ…どんなボロ家かとガクブルでしたが、

全然そんなことはなく、

20何人が同じ家に泊まってバスルームやキッチンを共同で使う、

いわばルームシェアのでっかい版みたいな感じでした!

迎えてでてきたのはイケメン(?)のアメリカ人。オーナーらしい彼はとても気さくで、

日本人だと伝えると「もしもし!!!」とか言ってきてうけました。

リビングには黒人からイタリア人からまーいろんな人がいました

驚いたのは、リア充してそうな普通の日本の大学生がいたこと。1人で。

え、君、サークルの旅行中じゃないのって思ったら1人旅をしてるというからびっくり。

全然見た目そんなんじゃないのに…(偏見)

バックパッカー

髪にワックスをつけるなんて・・・・!!!

I phoneでmixiやってるなんて・・・・!!!!

まあ、一番驚いたのは共通の友達が2人もいたこと。世界は狭いな(笑)

1人は真理子だよー!君の友達にいるでしょう。

最近横市を休学して旅に出たけんいちくんという男が!w

もう1人の共通の友人も数少ない大学の男友達だったからまじでびっくりだよね!

まあそんなバックパッカーは置いといて、

夜の街へ繰り出す!行く先はサンタモニカ。あーほんと車って便利!免許取らなきゃ!

サンタモニカは感動的なくらいいい街。

やっぱ海岸が近いって最高だね!

道もめっちゃ綺麗だし、店も全部可愛いし。ファミマもあるし(笑)

ここに3日連続でくるとは思わなかったけどねw

ご飯を済ませて、宿についたのは11時過ぎ。

みんな寝ちゃって鍵が閉められてたらどうしようと思ったのは杞憂でした

リビングでわいわいする外国人たち(笑)さすがカリフォルニア、みんな陽気ですなー!

うちらの部屋に行くとまた1人の日本人が!

6人部屋で、女5人の中に1人男ってどうなんでしょう。

かなりやりづらそうだなーと思ったのも杞憂で、

大学生の彼はうちらと一緒になぞなぞを解いたり、トランプをしたりしてましたw

さすがカリフォルニア、日本人も陽気だなー!ていうかさすが関西人!

明日はディズニーということで1時にはみんな就寝。旅行中はやけに寝付きが早い。

そして初めて2段ベットで寝たのも感動でした(●^o^●)

次の日、早目に起きてディズニーへ出発!ダウンタウンからすごく遠いって聞いて心配してたけど

車で高速乗ればそんな心配なし♪50分くらいで着きました。

いい天気すぎてもうテンションはとどまることを知らない!

高速から見える開放的な景色に、カリフォルニア住もう!

って心に誓いました(決断早い)

元祖ディズニーランドは平日なのでちょうどいいくらいの混み具合!

アトラクションは全て15分以内の待ち時間でした

まあ、なんといっても日本のディズニーと酷似してることに驚き!

日本にディズニーを作るとき、アメリカにいる体験ができるようにと

アトラクション、建物、配置など全てパクったという話はほんとだったんだなー

でも比較してわかる日本のクオリティの良さ!

日本のほうがきれいだし、広いし、もっと整然としてる印象を受けました。

とは言っても日本のディズニーは20以上行ってるし、

初めて外国人ばかりのディズニーにきたのでテンションは上がりました!

日本にはまだないアトラクションもあったし、

あとマイケルのやつも日本で乗りそびれてたので乗れてよかった

マイケルがかっこよすぎて、死んじゃったのが悔しくてにわかファンのくせに涙しましたw

待ち時間ないって素晴らしい!ほとんど乗り尽くしました★

夜のパレードは日本とはまた違う感じで良かった!日本より簡素だけどね。

一番感動したのは最後にシンデレラ城と木がきらきらにライトアップされて

周りに雪吹雪が舞った瞬間かなー。きれいすぎて涙出た…

夢をくれるね、ディズニーは…

そうしてへとへとになって帰ったらドイツ人の男が同じ部屋にいました

この人はいかにもバックパッカーという感じ。

髪も伸びっぱなしだし、空いた時間は本を読んだりドラムの練習をしだすあたりが!

やっぱこうでなきゃね~

彼はすごく気が遣えるステキな人で、うちらが準備とかしている間は自然と部屋から出て行ってくれました

いたら着替えとかしづらいって思ったのかな??日本の関西人とは違うわ~(笑)

さぁてLA3日めはHollywood~かの有名な山の看板を目指してGO!GO!

と思ったが宿から10分のところにあり、探す必要もなかったっていうw

やっぱHollywoodは映画の街なのだね!

ジョニーデップとか、トムハンクスとか有名な俳優、女優のサインや手形があるスポットがあったり。

映画観たかったなー!

次はいろんなショップの立ち並ぶファッションの通りに行く!

そのとき事件は起こった。

なんとレンタカーのタイヤがパンクww

もともと老朽化していたのだろう、駐車しようとしてレールに少し当たっただけでプシューって。

自転車以外のタイヤがパンクするのは初めてだったのでうけた(笑)

でもらっきーなことに保険に入ってたからちゃんとロードサービスがきてくれて無料で新しい車に交換してくれた♪

初めて保険というものの価値に気付いた瞬間だったよ…

おしゃれな通りをぶらぶらして、またサンタモニカへ行き

私はみんなと別れ、中学からの友達に会いに行きました!

同じ高校辞めてロスの大学にきてるやつなんだよねー

成人式のとき4年ぶりに会って今回は1年ぶりくらいだったけど、

前回会ったときはまだ全然留学なんて考えてなくて、

ロス遊び行けたら会おうねーなんてふざけて言ってたのが現実になったのがびっくり!

こっちでの生活の良さをいろいろ聞いてますます住みたくなった♪

彼は大学卒業したら日本戻ってお金貯めて1人旅に出るらしい。

そーゆう人生もいいよね!

私は怖いからそんなことできないけど(笑)

まだまだモラトリアムだよね 

漠然とどんなことしたいっていうのはわかってるけど

今なにをしていいかはわからない、そんな私たちの年代

気づくと流されてしまいそうで怖いよ

まわりは就職したり結婚したりで落ち着いていくけど

私はまだふらふらしていたい…

決めかねる将来の自分の姿が本当にしっかりビジョンが見えるまで

こんな感じでやっていきたい。

いつそうなるのかはわかんないし一生ふらふらするのかもしれないけど…

1人旅したい気持ちはめっちゃわかる。

自分の持ってるもの全て捨てて本当にしたいことを見つける旅ってのも楽しそうだからなあ…

まあそんなこと言っても最終的に帰る先はあるんだからなんでも中途半端になりそうだけどね

結局は家族や友達と一緒にいたいもんな

それを捨ててまでやりたいことってあるか?と聞かれたら微妙だもん

どこで住みたいとか、何がしたいとかいろいろあるけど捨てられないものもあるんだよねー

それでいいんだろうけどさ。

いつか妥協も大事になってくるのかな…

私にとって将来のことは難しすぎてわからん。

とにかく今の自分の無力さと無能さを実感!そしてこれから開くべき未来を見据えることだね

きっと何かすれば勝手に広がっていく気がする!

要は行動力!

努力とかそーゆうのできないタチだから行動力でここまでやってきた気がするし。

もっと努力のできる人間になるべきですな…ははは

広い、未知の世界を見て、がんばろう!と思えた旅でした

自分のいつでも前向きに捉えられるとこ、好き!

そして悲しいLA最終。

ハプニングの締めくくりは、最後の飛行機に乗り遅れたことでした。(笑)

いろいろあってまた成長できたかな!?うん!

明日からはNY♪